学生 おすすめ キャッシング

学生でもキャッシングしたい!その理由とお金の使いみちとは?

学生の方でもキャッシングを希望することもあると思います。ただし本来は親や友達にお金を借りることができれば、学生の内から金融機関で借金をしなくても良いのかも知れません。

 

それでも身近な人に借金を申込んでも断られることもありますし、「お金の使い方が悪いんじゃないの?」などと言われるのなら、誰にもバレないようにキャッシングでお金を借りた方がイイと考えることもあるでしょうね。

 

それでは学生の方がキャッシングしたいと思う理由とその使いみちについてはどのようなことがあるのでしょうか?

 

学生がキャッシングしたい理由は意外にも多い?

大学生、専門学校生にもなれば高校生の頃とは違い交友範囲が広くなり、当然多くのイベントに誘われることも多くなるでしょう。

 

それに加えて一人暮らしが必要になることもあり、まとまったお金を準備したいという時もありますよね。

 

このようなことで学生の方の場合には、例えばこんな理由や使いみちでキャッシングしたいと考えることもあるでしょう。

  • 学生の一人暮らしで家賃や生活費が足りない
  • キャッシングして自分専用のノートパソコンを購入したい
  • 学生寮からアパートへ引越しするお金を準備したい
  • 学生が主催する合コンに出席する費用を捻出したい
  • 大学生のサークル活動はお金が掛かりバイト代だけでは足りない
  • 夏休みを利用して学生のうちに一人旅をしておきたい、しかし今は旅行費用がない

大学生でもキャッシングしたいと思う時、具体的にはこのような理由と使いみちがあり、更には学生の一大イベントと言える卒業旅行などでもまとまったお金が必要になることでしょう。

 

そのため学生生活を送るためにキャッシングしたい理由と使いみちは意外にも多いと言えるのです。

 

学生でもキャッシング可能?お金を借りれる条件が知りたい!

学生の方は社会人のようにお金を稼ぐことが難しいため、お金を借りれる所はないのではと心配になるかもしれませんね。

 

結論から言うと学生の方でもキャッシングは可能です。ただしそのためにはクリアするべき条件が2つあります。

  1. 20歳以上であること(18歳や19歳の未成年は利用不可)
  2. 学生でもアルバイトや派遣などで毎月一定の収入があること

これはどちらか1つ満たせば良いという訳でなく、どちらとも必要な条件ということになるため、初めてキャッシングする時には注意してください。

 

キャッシングに必要な年齢が20歳以上であるワケは?

アルバイトなどで毎月一定の収入があれば18歳や19歳の未成年でもキャッシングできるのではないかと思う学生の方もいると思います。

 

確かに金融機関では返済できる可能性のある人にしか融資してくれませんので、そのような考えも一理あると言えるでしょう。

 

ですが日本には「未成年には親の承諾なしの融資ができない」という法律があるんです。そして万が一親にバレずにキャッシングできたとしても、親がそのことに気付いた時には契約の取り消しをすることが可能になっています。

 

契約の取り消しは金融機関にとっても不利となるため、銀行のカードローンや大手消費者金融では、未成年者のキャッシングについては申し込みさえもできないことになっています。

 

未成年の学生でもお金を借りれる所には注意が必要!

「学生のキャッシングは20歳から」というのが基本となっていますので、未成年の方でもお金を借りれる所には注意が必要ですよ。

 

一部のクレジットカードや学生ローンならば未成年の利用が可能になっている場合もありますが、親の同意が必要となるため、親にバレずにキャッシングすることは無理と言えます。

 

ただし、闇金などの悪徳金融業者ならば未成年でもお金を貸すこともあるでしょう。こういった金融業者は、初めから法律を守らずに融資しているため、例え未成年にお金を貸してくれたとしても法外な利息を取られることになるのです。

 

そのため返済に困り結局は親に助けを求めるようになるか、闇金が親に直接返済を迫るということも十分に考えられることです。

 

こうなると自分だけでなく親の生活まで影響を及ぼすことになる場合もあるため、未成年でもお金を貸してくれる業者には注意が必要になります。

 

誰にもバレないで学生がキャッシングするのは可能?

【参考:学生でキャシングは親バレする?電話確認や在籍確認について】
http://www.pantheresroses.org/1389.html

 

誰にもバレないで学生の方がキャッシングしたいと思う時、この人だけには内緒にしたいと思うのは、以下のようにそれぞれ違うかも知れませんね。

  • 家族
  • 学校
  • バイト先

このようにどうしても内緒にしたい人がいる場合、絶対にバレたくない訳ですから、注意するべきことも違ってきますよね。

 

親や家族にバレずに学生がキャッシングするには?

20歳以上で毎月安定した収入のある方ならば、学生であっても金融機関からキャッシングすることは可能です。

 

未成年ではないため親の同意も不要となりますので、親や家族にバレずに借入れすることはできますが、ただし親や家族にバレるタイミングはあることはあります。

  • 申し込みの時
  • 契約書やカードの郵送
  • 利用明細書の郵送
  • 返済の遅れによる督促の電話や郵便

この4つの場合においては親や家族だからこそ容易にバレる危険性があると言えるでしょう。

 

申し込み時の親バレ家族バレの危険

親や家族がいる場所でパソコンやスマートフォンから申し込みをすると、申込み後に確認の電話が掛かって来ることもありますので、その時点で怪しく思われてしまうかも知れません。

 

どうしても親や家族にバレたくないならば、自分の部屋の中や自宅の外で申し込みして、連絡先には固定電話でなく自分の携帯電話の番号を申告するのがおすすめです。

 

契約書やカードの郵送、配慮はあるものの心配も

契約書類やカードが郵送されることも多く、大手消費者金融では以下のように差出人欄には各サービスの名前が記載されて郵送されることはありません。

  • プロミス:事務センター
  • アコム:ACサービスセンター
  • モビット:MCセンター
  • アイフル:個人名
  • ノーローン:住所のみ

このように大手ならばキャッシングサービスからの郵便物とは分からないような配慮をしてくれていますが、普通郵便でなく簡易書留となっている場合が多いため、留守中に家族が受取ってしまう危険もあります。

 

そのため、不審に思った親や家族に郵便物を開封された場合にはその時点でバレることになるでしょうね。

 

どうしても親や家族にバレずにキャッシングしたいならば、契約書類やカードの郵送は避け、自動契約機から発行するようにしたいものです。

 

利用明細書の郵送にも注意

基本的にはキャッシングや返済をすると利用明細書の発行があります。利用する度に明細書が自宅に郵送されていたのでは、親や家族も流石に怪しく思うことでしょう。

 

ですが利用明細書をWebで利用する登録をしておけば自宅に郵送される心配はありません。親や家族にバレずにキャッシングしたいのであれば、このことについても注意しなくてはいけませんね。

 

返済の遅れで電話や郵便物が来る

契約書には返済期日についての項目もあり、金融機関からお金を借りる代わりに返済期日まで返済するという約束を書面にてしているのです。

 

そのため返済期日までに返済をしない、契約で交わした約束を守らない場合には当然督促の電話や郵便物が来ることになります。

 

このような事態となるとキャッシングが親にバレる可能性もありますし、利用のキャッシングサービスからの信用も失うことになるでしょう。

 

督促の電話にはきちんと対応することはもちろんですが、返済が遅れそうな時にも予めこちらから電話をしてその旨を相談することが、金融機関からの信用を失わず親バレの原因ともなる督促の電話を回避する最良の方法と言えますよね。

 

学校にバレずに学生がお金を借りるには?

キャッシングが学校にバレるのも極力避けたいものですが、ただし通常はキャッシングサービスが学校に連絡をして在籍確認をすることはありません。

 

学生専用ローンを利用する場合には学生証の提示が必要になることがありますが、その内容が正確であるかどうかを学校に電話で確認することはないので安心してください。

 

ただし希望通りにキャッシングできたという嬉しさの余り、自分で学校の先生や友人にそのことを話さないように注意しましょう。

 

バイト先にバレずに学生がお金を借りるには?

学生の方にとってキャッシングを内緒にしたいのは親や家族が一番と言えるかも知れませんが、バイト先についてもバレずに上手くやり過ごしたいところですよね。

 

ですが、キャッシング審査には本当に申告通りのバイト先で働いているかの確認として在籍確認が必要となるため、基本的に申し込みの金融機関からバイト先へ電話連絡があると思っていてください。

 

在籍確認の電話でキャッシングサービス名を名乗ることはなく、個人名となりますのでバイト先にバレる心配はありませんが、それでも不安という方は予め「クレジットカードに申し込みしたので電話があるかも知れません」と、周りの人に一言声を掛けておくと安心でしょうね。

 

学生ローンの利用で親にバレる?

学生が利用できるキャッシングには学生ローンもあります。学生ローンとは大学生や専門学校生などの学生だけが利用できるローンであり、基本的には20歳以上でアルバイトなどの安定収入がある方のみが利用の対象となっているのです。

 

学生ローンを利用する場合に心配になるのが申し込み後の確認の電話と言えるでしょう。この場合には親バレの心配もあると思いますが、学生ローンの確認電話についても大手のキャッシングサービス同様に自分の携帯電話の番号を通知しておくことで、無事に申し込みの確認を済ませることができると思います。

 

学生ローンには在籍確認がない?

学生ローンは一般的なカードローンやキャッシングとは違い基本的に在籍確認がないと言われているんです。

 

申し込みの際に本人確認書類を提示することにより審査が終了することが多く、学生専用のローンとして学生の事情に配慮しているためこのような対応となっているのでしょうね。

 

そのため学生ローンの申し込みでバイト先にバレる心配は殆どないと言えますが、ただし一般的なキャッシングとは違い限度額が低くなっているという特徴があるため、少しまとまったお金が必要な場合には通常のカードローンの利用がおすすめとなるのです。

 

ただし学生ローンの利用でも消費者金融と同じように年収の1/3までしかキャッシングできませんので、収入によってはそれ程大きなお金を借りれないこともあります。

 

有名な学生ローンを紹介、未成年でも利用できるの?

学生ローンで親にバレずにお金を借りたいという時には、その辺についての配慮ができている有名な所を利用するのがおすすめです。

 

学生の方が安心して利用できる学生ローンを紹介すると以下のような所となります。

  • イー・キャンパス
  • アミーゴ
  • カレッヂ

以下ではこの3つ学生ローンについて解説していきます。
学生ローンには金利が低めというメリットがある反面、利用限度額が少ない、借り入れや返済は振り込みや来店しか方法がないという点ではいずれにも共通している特徴となっています。

 

イー・キャンパス

イー・キャンパスは20歳以上34歳以下の学生の方を対象とした学生ローンであり、利用には安定した収入のあることが必要となっていますが、未成年の利用は不可です。

 

イー・キャンパスの学生ローンの内容は以下のようになっています。

  • 借入限度額:1万円〜80万円(卒業後は80万円まで利用可能)
  • 金利:14.5%〜16.5%(免許証の提示で16.0%・学費や海外渡航目的なら15.5%に優遇)
  • 営業:平日(10時〜18時)・土曜日(10時〜17時30分)

 

返済については借入金額が10万円以下ならば2,500円以上となっているので、毎月の返済額が少なめとなっている点ではメリットと言えるでしょう。

 

ただし以下のことには注意が必要ですが、これは以下で解説するアミーゴやカジッヂについても同様となっています。

  • 審査終了後に融資に関する説明の電話が掛かって来る
  • 振込みによるキャッシングの後に契約書類が郵送されて来る
  • 契約書類に必要事項を記入して返送する必要がある

親にバレずにキャッシングしたい場合には、社名を伏せて郵送してくれるとは言え、上記の点により難しいこともあるでしょうね。

 

アミーゴ

アミーゴもネットの口コミで常連の有名な学生ローンですが、利用可能なのは34歳までの学生(高校生を除く)ということになっています。

 

アミーゴの学生ローンの内容は以下のようになっています。

  • 借入限度額:3万円〜50万円
  • 金利:14.40%〜16.8%
  • 営業:月曜日〜金曜日(祝祭日は除く)10時〜17時45分

 

返済については10万円以下の借入金の場合、2,550円以上が返済額となります。

 

カレッヂ

【参考:未成年OK!ATMのある学生ローン「カレッジ」】
http://www.pantheresroses.org/529.html

 

カレッヂは学生ローンの中でも数少ない18歳以上でアルバイト収入がある学生を対象としているサービスです。
利用可能となるのは以下の様な方です。

  • 大学生
  • 大学院生
  • 短大生
  • 専門学校生
  • 予備校生
  • 学生時代より継続利用している社会人

このように利用できる対象を広くしていますので利用しやすいことに加えて、店舗内にはATMが設置されているため他の学生ローンよりも利便性が高いと言えるでしょう。

 

また通常は未成年の利用では親の同意が必要となりますが、10万円までの利用ならば親の同意が不要となっているので、親にバレずに学生ローンでキャッシングしたい時には便利ですね。

 

カレッヂの学生ローンの内容は以下のようになっています。

  • 借入限度額:最大50万円
  • 金利:15.0%〜17.0%(友達紹介で16%・15%へ金利優遇アリ)
  • 営業:平日(10時〜18時)、土曜日(10時〜14時・第2・4は休み)

 

学生のキャッシングはクチコミなどで評判の良い所を選ぶ

学生 キャッシング

学生ローンを利用してキャッシングをすることができます。学生ローンの利用については完全秘密主義で行われています。そのため親や兄弟でも調べることができないようになっております。学生ローンのキャッシング情報についても厳重に管理されていることになるので、本人が第三者に話さない限り外部に漏れる事はないようになっております。そのため、就職に影響が出ることはないと言い切れます。キャッシングをするために学生ローンを申し込むときには、利用目的を当然聞かれることになります。学生ローンのキャッシングは、学校の月謝代、研究費や資格取得の費用など学業に関係している目的以外でも利用することができます。例えば旅行資金、飲み会の資金、洋服などの購入代金や免許取得の資金などの目的であれば正直に答えて問題はありません。しかし利用目的は犯罪に関係するものである場合には、当然審査が通ることがありません。またギャンブル資金も審査を行う会社によっては断られることになります。

 

キャッシングをするために学生ローンの申し込みをするときには、身分証明書が必要となります。特に免許証、保険証や学生証の中でも学生証は学生ローンを申し込む際には必ず必要なものになります。学生ローンの申し込みを行うときには大手の金融会社よりも中小の金融会社の方が審査がゆるくなります。しかしキャッシングなどの申し込みの際には必要な書類が増えることになります。

 

銀行でキャッシング行うために申し込みをするときには、自分名義の預金口座が必要です。返済をするときでも家族の名義や兄弟の名義では返済を行うことができないと考えることができるので、自分名義の預金口座を用意しておくことが必要です。学生でキャッシングを行う時に、金融会社などに学生のキャッシングのために申し込みを行うときは、サービスやキャンペーンを行っている金融会社を選ぶことが必要です。サービスやキャンペーンなどのイベントを行っている金融会社では、キャッシングを行うことで特になることがあります。

 

学生向けのお得なサービスなども利用して賢く借りよう

例えばある大手の消費者金融会社では一定の期間無利息サービスを行っていることがあります。このイベントを行っている的にキャッシングをしてお金を借りると一定期間の利息が付かないので、この一定期間内にお金を返済すると大変得になります。インターネットなので学生のキャッシング情報を調べると、学生の利用率が高く口コミ評価の高い会社を見つけることができます。

 

学生に対応した学生ローンでキャッシング

消費者金融に学生さんや大学生の人達が学費の支払いや必要なものの購入費などを工面するために、キャッシングカードを利用したいと考えている人は多いのですが、アルバイトなどでの定期的な収入などがない限りなかなか学生さんや大学生の人達は審査に通りません。
しかし、どうしてもお金が必要というような学生さんや大学生の人達のために作られたキャッシングとしましては、学生ローンというものがあります。

 

この学生ローンは、学生さんでも大学生の方でも親の同意さえあればキャッシングカードの利用をすることができるので、1枚持っておくことによって学費の支払いとか必要なものの購入費などを工面することができますのでとても便利です。ただし未成年では借りられないので注意しましょう。

 

最近では大学生の方達もキャッシングカードの利用をしたいと考えている人がとても多いですので、そのような学生さん達のためにこの学生ローンが作られたのです。
ただ、アルバイトや派遣のアルバイトなどをしている学生さんや大学生の人でも少ない収入しか得られていないというようなこともありますので、あまりにも高額な金額での借り入れなどを行ってしまいますと返すことができなくなったりもしますので借り入れを行う際には、「これくらいの金額での借り入れなら返済をすることができるかな?」という金額での借り入れを行うようにしてくださいね。自分で返済をすることのできる金額での借り入れを行うということはキャッシングカードを利用する上で重要なことの一つです。

学生でも借りられる人気のキャッシングをご紹介

学生キャッシング

もし枠がまた50万に復活するなら最大100万円分まで使えますよね?ボクは大学3年で初めてキャッシングをするのですが平気ですかね?

 

 

枠は復活しません。
だって50万返してないんだもん
払ってくれない可能性があるでしょ

 

間違った情報があるので、記載しておきます。

 

申込時、本人20歳以上の学生であっても、未成年と同じ扱いをします。
つまり、限度額は低め。親権者の同意がないとカードは発行されません。
たとえ26歳大学院生でもそうです。

 

理由:定職に就いてないから。
貸金業規制法などに抵触するためです。
申し遅れましたが、私元某クレジットカード会社社員です。

 

あと、親権者の同意が必要になるケース。(審査によってですが。)
一人暮らしのアルバイトで暮らしている20〜25歳くらいまでの人
年収が100万未満と選んだ社会人、就職1年目も辞める可能性が高いから、信用として親権者同意をとることがあります。

 

現在。サティ、イオン、ジャックスのカードを持っています。
使わないので解約しようと思いますが、
契約時に記載した契約書は返してもらえるのでしょうか?
解約後、業者に書類が残るのに納得できないので・・。

 

消費者金融は貸金業法に契約書の返却に関して遅滞なく
返還する様にと記載があるようなんですが、
クレジットも法律で明記されているのでしょうか?

 

各社へ連絡を入れた時に返却しませんといわれた時に
抗弁したいので、よろしければ、教えてください。
一番よいケースは学生のうちに親権者同意を得て、(親確といって自宅or実家に親権者に電話をします。)カードを作っておくと、社会人1年生でも親確がないケースが多いです。 その際は、学生が借金をするということをよく考えて相談するのが吉と出るケースが多いですね。

学生キャッシング

未成年でも学生でも働いて年収がたとえ500万以上あるぜ!という人でも、未成年なんで、親権者の同意は必要になります。

 

ざっと基本はこんな感じですよ。
ですので、砂糖さんの場合には親権者の同意は必須条件になります。(同意が電話で取れなかった場合には審査NGになります。)

 

枠の回復について。
50万利用したとした場合。一括で50万を返済すれば、50万の枠は回復します。
たとえば、50万をリボで月々2万円返済とした場合には、単純に枠は2万だけ回復するようになってます。

 

ご利用可能枠は使って、返済した金額相当分だけ回復するようになっております。
回復するタイミングですが、返済(口座引き落とし)の結果が銀行から帰ってきてコンピュータ上に反映したときになりますね。中には返済日に枠を回復させる会社さんもありますが、引き落としNGだった場合にはカードは利用停止になり、支払いをしたら、停止を解除となるところもあります。

大学2年生の時に初めて作ったクレジットカード

 

ところが見れば見るほど混乱します。そこで皆様アドバイス御願いします。
オススメのカードはどれですかね?学生に限っての話です。